致死性不整脈による心停止について


監修:筑波大学大学院 病態制御医学循環器内科学 教授 青沼和隆先生

致死性不整脈による心停止(以下、突然心停止)は、速すぎる脈拍のために、心臓が痙攣したような状態になり、血液を循環させる機能を十分に果たせなくなって起こります。その状態のまま治療を行わなければ、心臓から血液が送り出せない状態にあるため(心停止発作)、数分で死に至ります(突然死)。このような危険な状況にある場合、植込み型除細動器(ICD)を使用することによって、異常に速い脈拍を正常に戻すことで、突然死を回避することができます。

原因

心停止発作は、心臓の電気的な問題により、脈拍が毎分200以上の異常な速さになることで、血液を体や脳に送り出すことができないために起こります。

症状

患者さんのなかには、失神等の直前に心臓がバクバクするのを感じたり、めまいがしたりすることで、脈拍の異常を感じ取られる方もいますが、通常は助けを求める前に意識を失ってしまいます(失神)。

発症しやすい人は?

以下に当てはまる場合、突然心停止を発症する危険性が高くなります

  • 心臓発作(心筋梗塞)を起こしたことがある方
  • 心不全(心臓のポンプ機能の低下)を起こしている方
  • その他の重症の心臓病を有している方
  • 過去に突然心停止を起こしたことがある方
  • 突然心停止を起こした家族がいる方

診断

心停止発作発症の危険性は医師が判断します。危険性の評価のために、次のような検査を実施する場合があります。

  • 心電図検査(ECG)
  • 胸部X線検査
  • 心臓超音波検査
  • 運動負荷心電図検査(ストレステスト)
  • 心臓カテーテル検査

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Japan