治療の効果とリスク


監修:筑波大学大学院 病態制御医学循環器内科学 
教授 青沼和隆先生

植込み型除細動器(以下、ICD)による治療は、臨床的にその効果が証明されています。

ICDは突然心臓が速く拍動し、ポンプの役割を充分に果たせなくなったときに、電気刺激を心臓に送り、規則的な拍動にもどすという治療を行います。

治療の効果

ICDは致死性の不整脈の治療を行います。致死性の不整脈は、いったん起こると自然に回復することがほとんどなく、放置すれば数分で脳死状態となるため、ICDの治療効果は非常に高いと言えます。

治療のリスク

ICDの植込み手術では、皮膚切開が必要なため、手術に伴う合併症の可能性があります。植込み型機器の手術における、手術部位の感染症、機器の材料に対する過敏症、皮膚壊死などが治療のリスクとして挙げられます。また、静脈を通して心臓まで挿入されるリードの電極が、心筋や血管を傷付ける可能性があります。

さらに、ICDの植込み後には、磁波や電磁波を発する一部の電化製品の使用の制限が生じることがあります。
このほか、治療の効果とリスクについて医師からの説明を十分に受けてご理解いただき、治療を行うべきかについて医師とご相談ください。

この治療を受けた多くの人々が日常生活を取り戻していますが、実際の効果は個人により異なります。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Japan