副鼻腔手術について

薬物治療が効果を示さない場合、手術によって鼻と副鼻腔の正常な機能を回復させることが可能です。近年の手術機器や手技の発達により、多くの慢性副鼻腔炎の患者さんたちが、低侵襲の処置で症状が緩和されています。

通常、慢性副鼻腔炎に対する内科的治療が効果がなかった際に、副鼻腔手術が行なわれます。副鼻腔手術の目的は、炎症で障害された鼻と副鼻腔の機能を回復させることです。具体的には、正常組織をできるだけ温存しながら、病変部分を取り除き、ふさがれた副鼻腔の排泄路を開放します。

副鼻腔手術とは

今日では、機能的内視鏡下副鼻腔手術(FESS)が、慢性副鼻腔炎を治療するための最も一般的な手術法です。この手術は鼻の穴から内視鏡と手術器具を挿入して、テレビモニターを見ながら行ないます。FESSは、顔や口の中を切開する従来の手術方法に比べ、体への負担や合併症が少なく、回復も早くなります。

通常、慢性副鼻腔炎の外科的治療では、次に挙げる3つの一般的なFESSのうちの1つが行なわれます:篩骨洞開放術、上顎洞開放術、鼻甲介形成術あるいは鼻中隔矯正術です。その他にも多くの種類の副鼻腔手術が行なわれています。耳鼻咽喉科の医師は、患者さんに最も適した副鼻腔手術を勧めてくれます。

もっと詳しく: 篩骨洞開放術とは?
もっと詳しく: 上顎洞開放術とは?
もっと詳しく: 鼻甲介形成術および鼻中隔矯正術とは?

効果とリスク

一般に、FESSは慢性副鼻腔炎を緩和することができる比較的安全な処置ですが、あらゆる手術と同じようにある程度のリスクが伴います。

もっと詳しく: 篩骨洞開放術の効果とリスク
もっと詳しく: 上顎洞開放術の効果とリスク
もっと詳しく: 鼻甲介形成術および鼻中隔矯正術の効果とリスク

Q&A―副鼻腔手術

副鼻腔手術について、また、どの手術法があなたに適しているかについて、疑問が残っているかもしれません。ここで答えが見つからなかった疑問点については、必ず主治医に尋ねるようにしてください。
もっと詳しく

 

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

Japan