副鼻腔手術を受ける

通常、慢性副鼻腔炎の治療を目的とする手術は、内科的治療で効果が得られなかった場合に行われます。手術が最善の選択肢であると主治医が判断した場合、一般的な副鼻腔手術を受けることになります。

副鼻腔手術の選択肢

篩骨洞が副鼻腔炎の原因である場合、篩骨洞開放術が必要であると考えられます。

頬骨の奥に圧迫感と痛みがあれば、副鼻腔炎の場所が上顎洞である可能性があります。この場合上顎洞開放術が必要であると考えられます。

副鼻腔炎の原因が彎曲した鼻中隔と肥厚した鼻甲介による鼻づまりである場合、鼻甲介形成術および鼻中隔矯正術が必要であると考えられます。

Q&A

副鼻腔手術についてよく聞かれる質問に対する回答はこちらを確認してください。
もっと詳しく

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

Japan