パーキンソン病の治療

パーキンソン病にはさまざまな薬物治療法があります。しかし、薬物治療法は長い時間が経つと効果が失われたり、副作用が出る場合もあります。薬物治療が困難な患者さんに対しては、脳深部刺激療法(DBS)が一つの治療選択肢になるかもしれません。

パーキンソン病を根治する治療法はまだありませんが、パーキンソン治療のための脳深部刺激療法(DBS)は、パーキンソン病の症状の一部に対して、調整可能で可逆的な治療をおこないます。さまざまな薬剤を併用しているにもかかわらず症状のコントロールが困難な場合、または副作用を経験している場合は、脳深部刺激療法(DBS)がもう一つの治療法になるかもしれません。

パーキンソン病の治療法には次のようなものがあります。

薬物治療

  • ドパミン作用薬(レボドパを含む):不足するドパミンを補う薬剤
  • 脱炭酸酵素阻害薬:レボドパと併用する薬剤
  • ドパミンアゴニスト:ドパミン受容体を刺激する薬剤
  • 抗コリン薬:ドパミンの減少に伴って、相対的に過剰となるもうひとつの神経伝達物質アセチルコリンを抑制する薬剤
  • MAO-B 阻害薬:ドパミンを分解する酵素を遮断してドパミンが受容体に長く留まるようにする薬剤
  • COMT 阻害薬:COMTによるL-dopaの分解を防ぐ薬剤

パーキンソン病の薬剤は運動機能の改善に使うことができますが長い時間を経過すると効果が失われたり副作用が生じたりします。また、症状が進むにつれ、運動機能のコントロールに必要な薬の量が増え、耐え難い、または望まない副作用が生じることがあります。

定位淡蒼球内節破壊術

定位淡蒼球内節破壊術は、運動機能をコントロールする脳の領域を破壊する外科手術である。片側または両側に施すことがあります。両側手術で嚥下障害や構音障害を生じることがあります。

パーキンソン病のための脳深部刺激療法(DBS)

パーキンソン病のための脳深部刺激療法(DBS)は脳を刺激する治療法で、パーキンソン病に対して調整可能で可逆的な治療をおこないます。この治療ではペースメーカに似た植え込み装置を使って脳の対象エリアに電気刺激を正確に送ります。これらのエリアを刺激することによって、動きをコントロールする脳の回路がより機能するようになります。

 

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

    • Take Charge: Find a Physician (Find a Doctor)

了解更多

外部リンク

明るく生きるパーキンソン病患者のサイト
Japan