製品の管理– 脳深部刺激療法(DBS)

 

治療を成功させるには、脳深部刺激療法(DBS)装置を適正に管理することが大切です。医師から患者さんやご家族、または介護者に対し、脳深部刺激療法(DBS)装置のケアについて指導してもらうことができます。考えるべき重要な指針は以下のものがあります。

  • 脳深部刺激療法(DBS)装置に問題がある場合は、医師にご相談ください。
  • 患者さんの植込み機器装置の名称と型番を知っておく。
  • 緊急時に速やかに対応してもらえるように、ご家族や友人に脳深部刺激療法(DBS)を理解してもらう。

システムの点検

システム点検の診察をかかさないことが非常に重要です。

術後診察の予定は、下記を定期的に行うために立てられます。

  • 脳深部刺激療法(DBS)装置が適正に機能しているかを確認する。
  • 患者さんの症状にあった最適な刺激に調整する。
  • 刺激発生器(パルス発生器)の電池残量を確認し、交換の必要性を判断する

トラブルシューティング

脳深部刺激療法(DBS)装置は、患者さんの症状に合う最適な刺激を自動的に送るように設計されています。装置に問題がある場合は、医師にご連絡ください。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 19 Apr 2016

Section Navigation

Additional information

Take Charge

    • Take Charge: Find a Physician (Find a Doctor)

了解更多

外部リンク

明るく生きるパーキンソン病患者のサイト
Japan