脳深部刺激療法(DBS)を受けるには

 

脳深部刺激療法(DBS)は誰にでも適応する治療法ではありません。脳深部刺激療法(DBS)による治療経験がある医師が患者さんに適応であるかどうかを判断します。一般的に、脳深部刺激療法(DBS)は、パーキンソン病と診断されて間もない患者さんやパーキンソン病の薬で症状がうまくコントロールされている患者さんには不向きです。

次の症状に悩まされている場合は、脳深部刺激療法(DBS)が適応となる可能性があります。

  • 「オフ」期間 (薬の効果が十分になく、症状が続いている) に悩まされている
  • ジスキネジア (不随意過剰運動) がある

脳深部刺激療法(DBS)の適応となる場合

医師が患者さんに脳深部刺激療法(DBS)が適した治療かどうか判断した後、 手術をするかしないかを患者さんご自身で決めていただく必要があります。

脳深部刺激療法(DBS)が適した治療であるかどうかを判断する際に、下記を参考にしてください。

  • 医師に情報を求める。
  • この治療法の治療効果とリスクを比較検討する。
  • 安全上の注意事項内容をよく確認する。
  • 主治医が協力的で、あらゆる質問に答えられることを確認する。
  • 脳深部刺激療法(DBS)を受けている方々の体験談を知る、または実際に話をしてみる 。

医師と会う前に、何を知りたいのかよく考えてみましょう。質問を準備し、病歴に関する情報を伝えられるようにしておいてください。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

    • Take Charge: Find a Physician (Find a Doctor)

了解更多

外部リンク

明るく生きるパーキンソン病患者のサイト
Japan