脳深部刺激療法(DBS)の治療費について

 

脳深部刺激療法(DBS)は、保険が適用されていますが、高額医療の対象であるため、高額療養費制度の申請をすることで、医療機関で支払った医療費のうち自己負担限度額を超える金額は後ほど払い戻されます

高額療養費制度とは病気療養中にかかる医療費のうち健康保険(国民健康保険・社会保険)を利用した場合の自己負担分が一定額を超えた場合に、申請すれば約3ヵ月後に払い戻されるお金のことです。ただし対象は保険診療のみです。

高額医療費の払い戻しまで医療費の支払いに困る場合には、高額医療費の貸付け制度が利用できます。加入している保険の管理先にお問合せください。

自己負担限度額は所得やかかった医療費によって異なり、次のように算出されます。(平成20年4月改正)

 

JP_Neuro_HighMedticalCare.jpg

 

ヤール重症度3度以上のパーキンソン病の患者さんで、申請し認定をうけて特定疾患医療受給者票をお持ちの場合は、公費負担の対象となるため、自己負担はほとんどありません。

JP_Neuro_yarl.jpg

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

    • Take Charge: Find a Physician (Find a Doctor)

了解更多

外部リンク

明るく生きるパーキンソン病患者のサイト
Japan