脳深部刺激療法(DBS)について

脳深部刺激(DBS) 療法は、パーキンソン病の多くの症状を抑制します。この調整可能で可逆的な治療法では植込み装置を使って脳に電気刺激を与え、運動障害を引き起こしている信号を遮断します。

脳深部刺激療法(DBS)とは

パーキンソン病のための脳深部刺激療法(DBS)は、心臓ペースメーカに似た植込み装置を用い、脳深部に電気刺激を行います。

 

脳深部刺激療法(DBS)の製品

脳深部刺激療法(DBS)は刺激発生器(パルス発生器)、電極(リード)と延長用電極(エクステンション)の3つの植込み型装置から構成されています。刺激発生器は、通常胸部の鎖骨下付近に植込まれ、この装置が電気信号を発生させ、エクステンションとリードを通って脳深部に刺激を与えます。

 

脳深部刺激療法(DBS)の効果とリスク

脳深部刺激療法(DBS)はパーキンソン病症状のいくつかを抑制することが証明されています。現在、脳深部刺激(DBS)療法は、パーキンソン病または本態性振戦の治療に承認されています。1997年以来、世界中の55,000人以上の患者さんが脳深部刺激(DBS)療法で症状改善されています。
もっと詳しく

 

Q&A

脳深部刺激療法(DBS)の効果に関するよくある質問にお答えしました。
もっと詳しく

 

患者体験談

私たちの製品や治療法を利用している方々の体験をご参考ください。治療前後の体験をご覧いただけます。
もっと詳しく

 

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 21 Jun 2013

Section Navigation

Additional information

Take Charge

    • Take Charge: Find a Physician (Find a Doctor)

了解更多

外部リンク

明るく生きるパーキンソン病患者のサイト
Japan