慢性痛の治療

統計によると、日本人の約230万人が重症の慢性痛に苦しんでいるといわれています。また、治療を継続している慢性痛の患者さんは、全体の3分の1に過ぎません(出典1)。痛みの治療は、早期に、また積極的に行うことが重要です。通常、痛みの治療には、薬物治療、神経ブロック、理学療法、外科手術などがあります。治療は、患者さんの症状によって効果が異なりますので、医師と十分ご相談ください。

薬物療法

ほとんどの場合は薬物による治療が行なわれます。薬は症状によって効果が異なり、医師はさまざまな薬と用量を試します。使われる薬には、店頭の市販薬から処方薬までさまざまです

神経ブロック

神経ブロックとは、痛みが起きている神経に対して局所麻酔薬やステロイドなどの注射し、神経を麻痺させる治療です。これにより、神経の異常による痛みの悪循環を断ち切ることができるとも言われています。神経ブロックは、効果が一時的に終わってしまうことがあり、繰り返し治療しても改善が見られない場合は他の治療が検討されます。

理学療法

理学療法とは、基本的動作能力の回復を図ることを目的に、治療体操その他の運動を行わせ、温熱、マッサージなどの物理的手段を加えることです。痛みに関しては、運動療法などで筋肉を形成することによって痛みを軽くします。

脊髄刺激療法

脊髄刺激療法は、薬物療法や神経ブロックでも日常に支障がある患者さんに適応される治療です。体内に植込まれた装置から脊髄に微弱な電気刺激を送ることで、脳への痛みの信号を遮断すると言われています。体内に完全に機器を植込むことにより、患者さんの活動レベルや日常生活の向上が期待されます。
植込みが必要な治療ですが、脊髄を傷つけない治療です。そのため、植込みを行った後も機器を抜去すれば、元の状態に戻して他の治療を選択することができます。また、機器を植込む前に、試験的に効果を体験することができます

外科手術

MRIやCTスキャンで画像診断を行い、神経を圧迫している部分を確認し、痛みの原因を突き止めます。その原因を取り除くために、椎弓切除術や固定術などの外科手術が行われます。

神経破壊術・神経切除術・神経遮断術

神経を破壊することによって脳への痛みの信号の伝達路を遮断します。この治療により破壊された神経は元の状態に戻すことができなくなるため、他の治療法では効果が得られない場合のみ最終手段として適応されます。

出典

1. 服部政治, 竹島直純, 木村信康, 山本一嗣, 水谷明男, 野口隆之:日本における慢性慢性疼痛を保有する患者に関する大規模調査. ぺインクリニック25:1541-1551.2004.

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Japan