脊髄刺激療法の機器植込み後の生活

刺激装置が植え込まれ、傷口が治ったら、痛みを管理していきます。痛みを管理するにあたり、脊髄刺激療法だけでなく、日常生活のための機能回復を助けるという目的で、理学療法などの治療が組み込まれることがあります。

脊髄刺激療法の手術後

本植込み直後は、術後管理に関する医師の指示に従ってください。また、退院後は、必要に応じて診察を受けることをお勧めします。
もっと詳しく

脊髄刺激療法中の日常生活

本植込み後は、電気刺激を調節することで自分で痛みをコントロールします。脊髄刺激療法でよりよい日常生活を過ごすために、ここに記載されていることを理解しましょう。
もっと詳しく

刺激装置の交換

脊髄刺激療法の刺激装置は、電源と回路が一体となっているため、内部の電池が消耗すると刺激装置本体を交換する必要があります。
もっと詳しく

 

 

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Japan