シャント留置後の生活

 

多くの正常圧水頭症の患者さんは、シャントによって通常の生活を享受しています。担当の脳神経外科医による定期検診を継続的に受けてください。シャントが正常に働き、あなたの状態が順調に改善し、希望する生活を自由に続ける上で重要です。

正常圧水頭症は、長期間のフォローアップ治療を必要とします。担当脳神経外科医が経過を監視し、シャントの機能障害を示すあらゆる変化についてテストが行えるように、定期検診を受けることが大切です。

継続的なケア

担当医療チームが勧めるスケジュールに従って検診を受けることが必要になります。理学療法や作業療法によっても回復が早まり、健康状態がさらに改善されることもあります。

シャント療法の結果

歩行困難、尿失禁、軽い認知症など、正常圧水頭症に関連する症状は、すぐに改善される場合もあれば、改善に数週間から数ヵ月を要する場合もあります。

劇的な改善がみられる患者さんもいれば、ほんのわずかしか改善しない患者さんやまったく改善がみられない患者さんもいます。認識機能の障害は、緩和させるのが最も難しい症状です。

正常圧水頭症の治療成功率はさまざまで、成功につながる要因については脳神経外科医の間でも意見が分かれています。通常、改善が得られる患者さんの場合は、最初の数週間で変化が起こります。ただし、後になって治療の効果が現れるという可能性もあります。

精神的なケア

正常圧水頭症に関する身体的な側面は、この病気に対処する際の一部分にすぎません。あなた自身やあなたの家族の精神状態についても配慮しなければなりません。あなたの感情を主治医に伝えてください。主治医があなたにとって最善の指導を行う上で役に立つでしょう。

 

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

Japan