シャント術を受けるには

 

シャントを使うことがあなたやあなたの家族にとって適切かどうかを判断するために、担当の医療チームは様々な診断検査を行います。

診断法

水頭症の診断を助ける診断検査がいくつかあります。これらの検査は、シャントに機能障害や感染症がみられる場合、シャントの評価にも役立ちます。

コンピュータ断層撮影法(CTスキャン)

コンピュータ断層撮影法(CTスキャン)は、微量のX線で頭蓋骨、脳、脳室の輪郭を描出する方法です。また、脳室の大きさや形が描出されるだけでなく、腫瘍、嚢胞、その他の病変などの異常を見ることもできます。

磁気共鳴映像法(MRI)

磁気共鳴映像法(MRI)は非侵襲的な診断機器であり、電波信号と磁石を用いて脳や脳室のコンピュータ画像を作成します。

神経心理学的検査

神経心理学的検査は、認識の能力と問題点を確認するための最も正確な方法です。この検査では、質疑応答を行い、作業を遂行できるか、また、指示に従えるかをテストします。

腰椎穿刺(脊椎穿刺)

この検査では、担当の医療チームが脳脊髄液を採取し、正常圧水頭症の改善について確認を行います。

持続腰椎ドレナージ

持続腰椎ドレナージは、単純な腰椎穿刺に対する反応が得られない場合に選択される方法です。この検査では、脳脊髄液を排出して患者さんの症状を定期的に評価できるようにするため、3~5日間の入院が必要になります。

脳脊髄液流出抵抗測定

この検査では、過剰な脳脊髄液を吸収する身体の能力を測定します。腰椎穿刺と人工髄液の注入が伴います。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

Japan