シャントについて

通常のシャントは、過剰な脳脊髄液を脳室から体内の別の場所へ流すための2本のカテーテルと1個のバルブで構成されていて、水頭症の患者さんの症状を継続的に緩和します。シャント手術は数時間かかります。

シャントとは

通常のシャントは、2本のカテーテルと1個の一方向バルブで構成されています。シャントは、過剰な脳脊髄液が体内の別の場所へ流れていくようにします。
もっと詳しく

シャント

水頭症が完治させる方法はありませんが、シャントを留置して、過剰な脳脊髄液を脳から抜くという治療法があります。
もっと詳しく: 可変式シャントバルブ
もっと詳しく: 固定式シャントバルブ (サイフォンコントロールあり)
もっと詳しく: 固定式シャントバルブ (サイフォンコントロールなし)
もっと詳しく: LPシャント

効果とリスク

水頭症の患者さんは、シャントによって充実した活動的な生活を享受できるようになる可能性があります。しかし、他の手術と同じようにシャント術にもある程度のリスクが伴います。
もっと詳しく

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

Japan