シャント療法の効果とリスク

 

通常は、シャントを留置することによって、正常圧水頭症の患者はより正常に近い生活を享受することができるようになります。しかし、他の手術と同じように、シャント術にもある程度のリスクが伴います。

シャントを使えば治療はできますが、完治は難しく生涯にわたる疾患です。

効果

シャントは、脳脊髄液の流れを脳室や腰椎から体内の別の場所へと迂回させます。この方法によって、水頭症の症状を緩和することを目的に肥大した脳室を正常に近い大きさに戻します。歩行困難が緩和されることが最も一般的ですが、多くの場合、認知症はそれほど劇的には改善されません。

通常、シャントを留置するための外科手術にかかる時間は数時間以内です。

リスク

ほとんどの外科手術では、手術そのものの最中にリスクが最も高くなるのに対して、シャント術に伴って生じる一般的な問題の大部分は手術後に起こる可能性が高いとされています。

正常圧水頭症に対するシャント術に伴う最も一般的な合併症は、感染症と脳脊髄液の過剰流出による硬膜下血腫です。

感染症

感染症はあらゆる外科手術、特にシャントのような異物を入れる場合に伴うリスクの1つです。感染症を治療せずに放置すると、手術創が開いてしまったり、悪寒や高熱を伴う全身感染性の原因となったりします。

通常、感染症が生じた場合はシャントの除去が必要になります。シャントを除去しなくても、強力な抗生物質療法によって感染症を抑制することができる場合もあります。

感染症の症状には、創部やシャントの経路に沿った部位の異常な発赤や腫れなどがあります。

硬膜下血腫(血餅)

転倒することによって、明らかな外傷がなかったとしても、シャント関連の血腫が起こることがあります。

硬膜下血腫に関連する症状はさまざまで、次のようなものがあります。

  • 頭痛
  • 麻痺
  • 昏睡

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

Japan