腰部脊柱管狭窄症の治療

腰部脊柱管狭窄症における治療法や、手術療法について説明します。

保存療法

膀胱直腸障害(ぼうこうちょくちょうしょうがい)があるときなど、症状が重い場合は手術が検討されますが、症状が軽い場合は姿勢の改善、運動を心がけ、また痛みがある場合は安静を心がけながら薬物療法や牽引(けんいん)療法、温熱療法、神経ブロックといった保存療法を中心に治療を行います。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

了解更多

 外部リンク

Japan