腰部脊柱管狭窄症について

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)にいたる原因や、その症状及び診断方法について説明します。

腰部脊柱管狭窄症とは

脊柱管とは脊椎にある神経の通り道です。腰部脊柱管狭窄症は、その脊柱管が狭くなって神経を圧迫している状態で、これによって腰痛やしびれなどさまざまな症状が現れます。

原因

腰部脊柱管狭窄症には様々な原因があります。代表的なものとして、

後天性脊柱管狭窄症

  • 加齢による病気や変性(年齢を経て組織が変化すること)によるもの
  • 腰椎分離症、分離すべり症、すべり症により脊柱管が狭くなったもの
  • 椎間板ヘルニアなどによる合併狭窄によるもの

先天性脊柱管狭窄症

  • 生まれつき脊柱管が狭い、または脊柱管が正常より狭く成長したもの

症状

特徴的な症状は間欠跛行(かんけつはこう)です。歩き始めは大丈夫ですがしばらく歩いたりすると下肢がしびれたり重くなったり、痛みが出たりして、歩くことが困難になります。しかし、座ってしばらく休むと症状がやわらいで、また歩けるようになる、というのが典型的な症状です。

診断

問診と身体所見、さらに必要な検査が終わったら、患者さんに病状が伝えられます。

整形外科にて問診、触診や、テストの後、レントゲン検査や造影検査法(ミエログラフィー)、MRI検査などを受けてから判断します。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 7 May 2014

Section Navigation

Additional information

Take Charge

了解更多

 外部リンク

Japan