腰部脊柱管狭窄症の手術後

腰部脊柱管狭窄症の手術後における大まかなスケジュールや退院後の生活について説明します。

安静にすること

手術直後はまず腰椎コルセットを装着し、主治医の許可があるまで安静にします。脊椎固定術を行った場合は、骨癒合するまで硬い材質のコルセットを装着します。

入院期間中のリハビリテーション

症状の程度、手術の内容によって異なりますが、早ければ手術後2日目には歩く練習を始めます。ただし、いきなり自立歩行するのではなく、歩行器を使って病室内の歩行から始め、徐々に歩く距離をのばしていきます。

リハビリテーションは歩く練習や体操をして筋肉を鍛え、しびれや痛みのために安静にしていた間に低下した筋力を回復し、さらに腰痛の再発を予防することを目的とします。

リハビリテーションの開始時期に関しても、個人差がありますので、主治医の判断に基づきます。

退院後の生活

退院後のリハビリテーションについては、主治医の指示に従ってください。主治医から特に指示がなかったときは、無理のない程度の歩行練習や散歩を行うだけで十分です。腰痛体操などは腰に負担のかかる可能性がありますので行わないでください。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

了解更多

 外部リンク

Japan