椎間板とは


椎間板は椎体と椎体の間に挟まっている板状の軟骨組織です。

弾力性の高い構造をしていて、体を動かしたときの衝撃を吸収するクッションのような働きをします。この働きによって、私たちは体を前後左右に曲げたり、ねじったりすることが可能となります。

椎間板の中央には髄核(ずいかく)と呼ばれる水分を多く含むゼリー状の柔らかい物質があります。そのまわりを取り囲むように線維輪(せんいりん)と呼ばれる組織が何層にも重なって髄核を守っています。

椎間板は常にストレスがかかっているため、年齢を経るにつれて衝撃を吸収しにくくなり、腰痛のもととなります。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

了解更多

 外部リンク

Japan