腰椎椎間板ヘルニアに対する治療法

腰椎椎間板ヘルニアにおける治療法や、手術療法について説明します。

保存療法

腰椎椎間板ヘルニアは原則的には保存療法で、基本的に自然治癒を期待した待機療法が一般的です。主な保存療法として安静、鎮痛剤、牽引(けんいん)、温熱療法などがあげられますが、痛み、しびれが強い場合には神経ブロック療法(神経根ブロック、硬膜外ブロックなど)が適応となることもあります。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

了解更多

外部リンク

Japan