シャント留置後の生活

水頭症は、長期間のフォローアップ治療を必要とします。担当脳神経外科医が経過を監視し、シャントの機能障害を示すあらゆる変化についてテストが行えるように、定期検診を受けることが大切です。

継続的なケアの重要性

担当の脳神経外科医や神経科医が勧めるスケジュールに従って検診を受けることが必要になります。理学療法や作業療法によっても回復が早まり、健康状態がさらに改善されることもあります。

水頭症に対するお子さんの理解を助ける

お子さんが水頭症にかかっている場合は、お子さんが自分の体に起きていることを怖がっているかもしれないということを忘れないでください。深刻な問題であることをはっきりと伝えたり説明しなくても、多くのお子さんはそうなのではないかと疑うものです。

通常、理解できれば、お子さんは落ち着き、協力的になります。お子さんが安心と愛情を感じられる静かで落ち着いた雰囲気で、水頭症について説明してあげてください。

 

 

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

Japan