シャントとは

 

シャントは、50年以上にわたって水頭症治療に使われています。シャントを使って、過剰な脳脊髄液が体内の別の場所へ流れるようにすることができます。

シャントの働き

通常のシャントは、2本のカテーテルと1個の一方向バルブで構成されています。バルブは、脳室外の脳脊髄液の量、流れの方向、圧力を調節します。

脳内の脳脊髄液圧が高くなると、バルブを通じて、過剰な脳脊髄液が下流の空洞へと流れます。

通常、脳脊髄液は次の種類のシャントを使って排出します。

  • 脳室-腹腔シャントは、脳脊髄液を脳室から腹腔に排出します。
  • 脳室-心房シャントは、脳脊髄液を脳室から心房に排出します。
  • 腰椎-腹腔シャントは、脳脊髄液を腰部から腹腔に排出します。

固定式・可変式脳脊髄液バルブ

各種のシャントバルブがあります。最も一般的なものは次の2つです。

  • 固定式バルブ―あらかじめ設定しておいた圧に基づいて脳脊髄液の流速を調節します。
  • 可変式バルブ―調整可能な設定圧に基づいて脳脊髄液の流れを調節します。医師は、特別に設計された磁気器具を用いて、来院時に留置されている可変式バルブの圧設定を非侵襲的に変更することができます。このため、再度手術を受ける必要はありません。

サイフォンコントロールデバイスで過剰流出を最小限に

固定式バルブと可変式バルブには、サイフォンコントロールデバイスという形態の過剰流出防止機能を付けることができます。患者さんが立った状態のとき、重力の影響で流れ出る脳脊髄液の量が多くなってしまうことがあります。サイフォンコントロールデバイスの目的は、こうした過剰な流出を最小限に抑えることです。

主治医は患者さんの水頭症の種類やその他の医学的な状態に基づいてバルブを選びます。

バルブに付いているリザーバーについて

バルブには、色々な目的に使えるリザーバーが付いたものがあります。リザーバー内の液体を押し出すことにより、医師はシャント機能をテストすることができます。また、検体検査用の脳脊髄液サンプルを採取することも可能です。

シャント機能テストのためのリザーバーポンピング

拡大 - シャント機能テストのためのリザーバーポンピング

検体検査用の脳脊髄液サンプル採取

拡大 - 検体検査用の脳脊髄液サンプル採取

カテーテルについて

非交通性(閉塞性)水頭症の治療では、カテーテルを1本脳室に挿入しなければなりません。交通性(非閉塞性)水頭症の場合は、脳脊髄液は脳室から、または腰椎部から体内の別の空洞(通常は腹腔)へ流れるようにします。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

Japan