弁膜症について

弁膜症とは、心臓弁の機能が損なわれる病態です。

  • 心臓弁の開口部が狭くなることを狭窄といいます。
  • 心臓弁が完全にぴったりと閉鎖しないために血液が逆流してしまうことを閉鎖不全といいます。

心臓弁の開口部が狭くなると、心臓が送り出す血流量は減ります。またそのことにより、いくつかの障害が生じます。例えば、左房が収縮するときに僧帽弁が狭くなっていると、左室を満たす血流が少なくなります。これは全身に送る血液の量が少なくなるということです。

心臓弁がぴったりと完全に閉じない場合、血液が逆流します。この状態も、全身に必要な血液を送り出す心臓の能力を弱めます。例えば、左室が収縮するときに僧帽弁が完全に閉まらない場合、血液は大動脈へ送られる代わりに、左心房に戻ります。逆流した血液や心房に押し戻された血液は、肺だけでなく心房にも圧力を生じます。肺へのこの過剰な圧力は肺の機能も制限します。

心臓弁が完全に閉じないことにより起きる障害は、事故や工事などで一部道路が閉鎖されている状態に例えられます。車の通行が遅くなるだけでなく、交通渋滞も引き起こします。

診断

医師は、まず問診を行います。次いで、聴診器で心臓の聴診を行い、また画像診断を行うことにより、心臓弁に障害があるかどうかを診断します。

 

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

Japan