治療のサポート体制

弁膜症の手術は非常にデリケートな手術です。従って、経験豊富で専門のチームによって行われます。患者さんの状況によりますが、以下のようなスタッフがチームには含まれます。

  • 心臓外科医:心臓を開け、弁の形成や置換を行い、手術が終わったら心臓を閉じます。心臓外科医は弁膜症の可能性のある患者さんを循環器内科医や他の医師から紹介されます。
  • 循環器内科医:弁手術には、開胸を要しないものもあります。そういった場合には、循環器内科医が弁を形成するために細いチューブ(カテーテル)を動脈に通して処置します。
  • 麻酔科医:手術中は無意識の状態になります。麻酔科医はさまざまな薬剤を用いて手術中に意識のない状態に保ちます。手術後には麻酔科医が意識を取り戻させます。
  • 臨床工学技士:多くの弁手術は心臓を停止させる必要があります。臨床工学技士は心停止中に血液が確実に体内を流れるように人工心肺装置を操作します。手術後は、臨床工学技士が外科医と協力して心拍動を再開させます。
  • 手術室看護師:弁手術に詳しい看護師がチームに属し、心臓外科医をサポートします。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

Japan