弁手術を受ける

検査の結果、弁形成手術用のリングなどを用いて弁をなおす必要があると判断された場合、人工弁輪を用いて手術をすれば多くの方が術直後から身体状況が改善します。人工弁が必要であれば、人工弁を植込むことでいつも通りの日常生活を取り戻せる方が多くいらっしゃいます。

弁手術を受けるには

弁置換手術や弁形成手術の適応の可能性がある場合、医師はさまざまな検査を行い、いろいろな要素を考慮した上で評価します。
もっと詳しく:弁形成手術を受けるには
もっと詳しく:弁置換手術を受けるには

治療のサポート体制

弁膜症の手術は、複数の医療従事者が関わって行われます。外科医、麻酔科医、臨床工学技士、手術室看護師らが手術に関わります。
もっと詳しく

手術の流れ

弁膜症手術の術前、術中、術後で予測されることをご説明します。
もっと詳しく:弁形成手術の流れ
もっと詳しく:弁置換手術の流れ

Q&A

弁膜症の手術に対するよくある質問です。さらに詳しくは、医師と相談してください。
もっと詳しく:Q&A -弁形成手術
もっと詳しく:Q&A -弁置換手術

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

Japan