心不全の治療

監修:弘前大学医学部附属病院 教授 奥村謙先生

心臓は全身に血液を送り出すポンプです。健康な心臓では、心臓の心室全体がほぼ同時に収縮して、心臓は効率的に血液を送り出すことができます。多くの場合、心臓の収縮が低下するか、心臓肥大などにより拡張しにくくなってポンプの働きが低下します。心不全のなかには、心臓全体が同時に収縮しないためにポンプの効率が低下し、心臓に負担がかかっているものがあります。このタイプの心不全には、心臓再同期療法(CRT)がきわめて有効です。この治療法では、ペースメーカの機能を心不全の治療に応用し、両室ペースメーカと呼ばれる医療機器を使用します。

生活習慣と心不全

主治医から、禁煙、塩分の制限、ダイエット、ストレスの軽減など、生活習慣を改善するよう指導を受けることがあります。心不全治療の基本で、症状を軽減し、心臓への負担を減らすためです。

心不全治療薬

心不全の治療にはさまざまな薬剤が使用されます。利尿薬やACE阻害薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬、β遮断薬、血液抗凝固薬など、症状に応じ、複数の治療薬を組み合わせて処方するのが一般的です。

心臓再同期療法(CRT)

心不全の治療に、心臓再同期療法(CRT)と呼ばれる新しい治療法があります。心不全の原因や種類には様々なものがあるため、すべての心不全患者さんが受けられる治療法ではありませんが、臨床的にも効果が立証された治療法です。この治療に使用する両室ペースメーカはペースメーカの機能を応用したものです。両室ペースメーカは、微弱な電気刺激を心臓の両方の心室に送り、心室全体がほぼ同じタイミングで、つまり「同期」して収縮するよう促し、心臓のポンプ機能を改善させます。

心臓の手術

心不全の原因が心臓の弁の障害の場合、弁を修復するための手術や、人工弁にとりかえる手術が行われることがあります。心不全が重症で、回復が不可能な場合には、心臓移植術が検討されることもあります。

不整脈の治療

脈拍が少なくなる徐脈や、心房細動などで脈拍が速くなる頻脈も持続すると心不全の原因となります。徐脈にはペースメーカが、頻脈は薬やカテーテルアブレーションで治療します。

ご自身に合った治療方法については、主治医にご相談ください。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Japan