心臓再同期療法(CRT)機器とは

監修:弘前大学医学部附属病院 教授 奥村謙先生

心臓の収縮機能に問題があり、さらにこの治療を受けるための基準を満たしていれば、心臓再同期療法(CRT)用の機器を使用できる可能性があります。

心臓再同期療法(CRT)用の医療機器は、微弱な電気刺激を心臓の左右両方の心室に送り、心室全体を同期させて収縮を促します。これによって心機能が改善し、血液と酸素が体に送り出されます。

機器には、心臓の心室全体の同期を目的とする「両室ペースメーカ(CRT-P)』と、これに除細動機能が加わった「CRT-D」と呼ばれる機器の2種類があります。いずれも心臓のポンプ機能を調節し、血液の拍出を改善します。また、心拍が遅すぎる場合には正常な値に近づけるように促します。

機器の本体は、金属製のケースに電気回路と電池が内蔵されたもので、CRT-Dの方がやや大きく、懐中時計ほどの大きさです。

CRT-PとCRT-Dのいずれの機器が適しているかは、患者さんの病状をみて主治医が判断します。

JP_CRDM_Consulta_handSM

両室ペーシング機能付き植込み型除細動器(CRT-D)本体

JP_CRDM_Insync3_handSM

両室ペースメーカ(CRT)本体

実際の手術では、この機器本体と一緒に、リードと呼ばれる細い導線も体内に植え込まれます。リードは、心臓からの電気信号を検知して、それを機器に伝え、同時に心臓に必要な刺激を送るという重要な役割を持ちます。

また、心臓再同期療法に使用する付属装置に、プログラマという専用のコンピュータがあります。これは、機器をプログラミングしたり、心不全の治療に役立つ情報を機器から取得するために病院や診療所で使用します。

 

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Feb 2012

Section Navigation

Japan