治療の効果とリスク

監修:弘前大学医学部附属病院 教授 奥村謙先生

 心臓再同期療法(CRT)は、臨床的にその効果が証明されている心不全の治療方法です。この治療に使われる医療機器は、微弱な電気刺激を心臓の左右両方の心室に送り、両心室を同期させて収縮を促します。これによって心機能が改善し、血液と酸素が体に送り出されます。

治療の効果

心臓再同期療法(CRT)と薬物療法を同時に行うことで、心不全の症状が軽減され、運動耐容能が向上し、日常生活における多くの活動を再開できるようになります。そのため、心臓再同期療法(CRT)は、患者さんのQOL(生活の質)の改善をもたらすことがわかっています。ただし、この治療は薬物療法を補うために行われるものですので、主治医が処方する薬を使用し続けることが推奨されます。

治療のリスク

機器の植え込み手術では、皮膚切開が必要で、またリード線を心臓内に挿入するため、手術に伴う合併症の可能性があります。植込み型機器の手術における、手術部位の感染症、機器の材料に対する過敏症などが治療のリスクとして挙げられます。
また、機器の植え込み後には、電磁波などを発する一部の電化製品、医療機器の使用の制限があります。
心臓再同期療法(CRT)は心不全の症状を持つすべての方に適した治療というわけではありません。植込み型機器を使った治療の適応となるかどうかは、主治医とご相談ください。

このほか、治療の効果とリスクについて医師からの説明を十分に受けてご理解いただき、治療を行うべきかについて医師とご相談ください。この治療を受けた多くの患者さんが日常生活を取り戻していますが、実際の効果は個人により異なります。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Japan