脳深部刺激療法(DBS)について

脳深部刺激療法(DBS)は、本態性振戦の多くの症状を抑制します。脳深部に電気刺激を行うことで、正しくない情報の伝達を遮断し、本態性振戦の症状を軽減するものです。

脳深部刺激療法とはどのようなものですか?

本態性振戦のための脳深部刺激療法(DBS)は、心臓ペースメーカに似た植込み装置を用い、脳深部に電気刺激を行います。

脳深部刺激療法(DBS)の製品

脳深部刺激療法(DBS)は刺激発生器(パルス発生器)、電極(リード)と延長用電極(エクステンション)の3つの植込み型装置から構成されています。刺激発生器は、通常胸部の鎖骨下付近に植込まれ、この装置が電気信号を発生させ、エクステンションとリードを通って脳深部に刺激を与えます。

脳深部刺激療法(DBS)の効果とリスク

脳深部刺激療法(DBS)では心臓ペースメーカに似た植込み装置を用い、脳深部に電気刺激を行います。
もっと詳しく

Q & A

脳深部刺激療法(DBS)の効果に関するよくある質問にお答えしました。
もっと詳しく

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

    • Take Charge: Find a Physician (Find a Doctor)
Japan