脳深部刺激療法(DBS)と共に

69%の患者さんが、脳深部刺激療法(DBS)でふるえの軽減を経験しています。最適な刺激設定を得るために、数回の調節が必要になることもあります。

脳深部刺激療法(DBS)は、ペースメーカに似た植込み機器装置を用い、脳深部に電気刺激を行います。

脳深部刺激療法(DBS)の手術後

脳深部刺激療法(DBS)の植込み後、医師が患者さんの症状に合わせて刺激発生器(パルス発生器)の設定を行います。
もっと詳しく

日常生活

本態性振戦治療の次のステップは、脳深部刺激療法(DBS)の植込み機器(←あるいは【装置】)との生活に慣れるよう調整することです。医師は患者さんの質問への回答や治療をサポートをしていきます。
もっと詳しく

製品の管理

治療を成功させるには、脳深部刺激療法(DBS)装置を適正に管理することが大切です。医師から患者さんやご家族、または介護者に対し、脳深部刺激療法(DBS)のケアについて指導してもらうことができます。
もっと詳しく

刺激発生器(パルス発生器)の交換

刺激発生器(パルス発生器)の電池が消耗する前に、手術によって交換する必要があります。
もっと詳しく

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

    • Take Charge: Find a Physician (Find a Doctor)
Japan