脳深部刺激療法(DBS)の手術の流れ

 

手術の最初の段階には不快なことがあるかもしれません。ただし、リードの留置は痛くありません。手術に関する質問は医師お問合せください。

脳深部刺激療法(DBS)の植込み図

拡大- 脳深部刺激療法(DBS)の植込み図

手術の前について

手術を受ける前に様々な検査を行うことがあります。手術の日が近づくと、医師が薬の服用方法について指示を出すことがありますので、指示に従ってください。また、感染症を防ぐため、手術の前に頭髪を剃る場合もあります。

手術中について

手術時間や流れはさまざまですが、通常4~8時間かかります。

植込み手術の流れは次のようになります。

  • ステレオフレーム(定位脳手術装置)を取り付ける
    脳神経外科の医師が、ステレオフレームという器具を患者さんの頭に装着します。このフレーム装置により、頭が固定され、ターゲット(刺激を行う場所)を測定する準備が整います。
    フレームを固定する部分の感覚を麻痺させるために、局所麻酔を行いますが、ステレオフレーム装着時に圧迫感や不快感を感じることがあります。また、ステレオフレームを装着するために、頭髪を剃る場合もあります。ご心配なことがありましたら、医師にご相談してください。
  • ターゲットの位置を確認する
    ステレオフレームをいったん固定したら、磁気共鳴画像装置(MRI)、コンピュータ断層撮影装置(CT)又はその他の装置を使用して脳の写真を撮影します。
    この写真画像を使って、患者さんの脳内のターゲットを正確に測定します。
  • 電極を挿入する
    手術室では高度な技術をもつ専門家によって手術が行われます。脳神経外科の医師は局所麻酔をかけて頭蓋骨に一円硬貨より小さな穴をあけます。穴をあけるときに少し圧迫感を感じるかもしれません。
    その後、細い電極をターゲットに挿入しますが、この時に痛みを感じることはありません。
  • テスト刺激を行う
    電極が植込まれたら、電極を体外式の試験刺激装置につなぎ、刺激のテストを行います。
    このときいくつかの質問をされたり、いろいろな動作を指示されることがあります。
    これは、電極が正しい位置に植込まれているか、また刺激条件が適切かどうかを確認するために行われます。「しびれ」や「ぴりぴりするような感じ」等がないかを聞かれた際は、感じたことを答えてください。声を出すことで、話しをしにくくないかを調べることもあります。これらの回答から、電極の位置や刺激を調節します。
    とてもまれなケースでテスト刺激によって、振戦をコントロールできない場合や、副作用が軽減できない場合は、電極は取り除かれ、手術を中止することになります。この場合は刺激発生器の植込みは行われません。
  • 刺激発生器の植込み
    テスト刺激で十分な効果が確認できた場合は、延長用電極および刺激発生器を体内に植込みます。この手術は、電極の植込みと同時に、または数日後に実施されます。
    この手術では一般的に全身麻酔が行われます(患者さんは完全に眠ってしまいます)。この手術では電極をしっかり固定し、刺激発生器を胸部の鎖骨下付近に植込みます。電極と刺激発生器は延長用電極でつながれます。これらはすべて皮下に植込まれます。

手術後について

通常、手術後は1-2週間入院する必要があります。入院中に医師が、刺激発生器(パルス発生器)のスイッチをいれて、刺激の調整を行います。

この刺激の調整は体外から、プログラマーと呼ばれる機械を使って行われるので痛みを伴うことはありません。

効果が十分に得られて、かつ副作用が現れないような刺激条件に調節します。

手術直後の数日間は、手術の影響でふるえが自然に止まってしまい、全くあらわれないことがあります。このような時は、医師の判断でふるえが現れるまで刺激発生器(パルス発生器)のスイッチをOFF(切)にしておく(刺激を止めておく)こともあります。

退院後について

脳深部刺激療法(DBS)を植込まれた患者さんには、機器が植込まれていることを示す患者手帳をお渡しします。この手帳は、いつも携帯するようにしてください。

退院後に、軽い痛みや不快感、特に頭や首の部分に痛みを感じることがあり、この状態は数週間続くこともあります。しかし、ほとんどの患者さんは速やかに回復し、不快症状に悩まされることはありません。

※手術後の自己管理については医師の指示は必ずお守りください。

 

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

    • Take Charge: Find a Physician (Find a Doctor)
Japan