脳深部刺激療法(DBS)を受ける

脳深部刺激療法(DBS)の適応が判断された患者さんには、植込み手術が行われます。入院中に医師が、刺激発生器(パルス発生器)のスイッチを入れて、刺激条件の調節を行います。

脳深部刺激療法(DBS)を受けるには

脳深部刺激療法(DBS)は誰にでも適応する治療法ではありません。脳深部刺激療法(DBS)による治療経験がある医師が患者さんに適応であるかどうかを判断します。一般的に、脳深部刺激療法(DBS)は、本態性振戦と診断されて間もない患者さんや本態性振戦の薬で症状がうまくコントロールされている患者さんには不向きです。
もっと詳しく

治療のサポート体制

脳深部刺激療法(DBS)では、最適な治療効果を得るために、神経内科医、脳神経外科医、看護師からなるチームが共同で治療にあたります

治療費について

脳深部刺激療法(DBS)は、保険が適用されていますが、高額医療の対象であるため、高額療養費制度の申請をすることで、医療機関で支払った医療費のうち自己負担限度額を超える金額は後ほど払い戻されます。
もっと詳しく

脳深部刺激療法(DBS)の手術の流れ

手術に関する疑問は医師にお問い合わせください。
もっと詳しく

Q & A

脳深部刺激療法(DBS)に関するよくある質問はこちらをご参照ください。
もっと詳しく

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

    • Take Charge: Find a Physician (Find a Doctor)
Japan