「患者さんを支援する仕事に就きたい」

-香川さん

 

香川さん

9歳の時、1型糖尿病と診断されました。風邪のような症状で全身がだるく、大量の水分をとっては頻繁にトイレに行くという症状でした。やがて高血糖で昏倒し、病院に運ばれて病名がわかりました。

一生治らない病気だと聞かされても私の自覚は薄く、反対に自分自身を責めた母から「お母さんがポンコツだったせいでごめんね」と泣きつかれ、病気の深刻さを理解しました。それ以来、注射によるインスリン投与を続けて来ました。最初は私に代わって注射を打つ母の手が震えて、痛かったです。娘の体に注射を打つことのつらさも、最近になってわかってきました。

小学生のころは一日2回、高校に入ってからは4回注射を打ちましたが、血糖値のコントロールがうまくいかず低血糖になり、体がブルブル震えたりしたこともあります。

私にとって血糖値のコントロールの負担感は生活のうち60〜70%を占めるものでした。病気がなければ100%が生活なのに、生きることで精一杯の人生になっていました。1年半前からインスリンポンプを使うようになり、このコントロールにかける労力が格段に減りました。血糖値が安定して「こんな生活があったんだ」と驚きました。ポンプが私の人生を変えてくれたとさえ思います。

患者会でボランティアをしていた活動をもっと広げようと、今、大学院で公共健康医学を学んでいます。病名に関係なく、いろんな患者さんをサポートできる仕事に就きたいと思うのです。

注:治療法はどなたにでも有効というわけではありません。詳しくは主治医とご相談ください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Japan