糖尿病管理のサポート体制

 

糖尿病を持ちながら健康を維持することは、とても大変なことに思えるかも知れません。しかし適切な専門家チームの支援があれば、健康の維持がずっと容易になります。

医師

かかりつけ医が糖尿病管理チームのリーダーとなることが多いと思われます。医師に相談する場合は、遠慮なく自分の糖尿病について詳しく質問してください。また、必ず無理なく確実に医師の答えが理解できるように心がけてください。

糖尿病看護認定看護師と糖尿病療養指導士

医師は、糖尿病看護認定看護師や糖尿病療養指導士(CDEJ)に相談するよう提案することがあります。 CDEJは患者さんが糖尿病の詳細を学ぶ際に支援を提供し、血糖値チェックやインスリン注入の正しい方法等を教えることができます。糖尿病のある日常生活で気をつけなければならないことや工夫の仕方も、適切にアドバイスしてくれると思われます。

メンタルヘルス専門家

糖尿病を持ちながらの健康維持は、時に困難となることがあります。相談できる誰かがいれば、大きな助けとなり得ます。医師または看護師やCDEJは、カウンセラー、精神科医、ソーシャルワーカーを勧めることがあります。そのような人たちは、あなたが糖尿病を抱えて生活している場合の重要なリソースとなります。

糖尿病について忘れてはならない最も重要なことは、自分一人で管理しようとする必要はない、ということです。周囲には豊富な経験を持つさまざまな専門家がおり、サポートしてくれますので、わからないことは遠慮なく質問するべきです。

 

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 13 Sep 2011

Section Navigation

Japan