糖尿病管理機器について

インスリンポンプと治療管理ソフトウェアを使えば、生活に合わせた微量なインスリン投与や日々の血糖値管理を行うことができます。インスリンポンプを装着した患者さんは、一日に何度も注射をする必要がなく、心配や合併症の少ない状態で食事や仕事、スポーツなど毎日の生活を楽しんでいます。

インスリンポンプとは

インスリンポンプは、患者さんにインスリンを持続的に注入するコンピュータ制御の小型医療機器です。通常、超速効型インスリンだけを使用します。3日に1度、注入セットとインスリンリザーバーを交換するだけで、1日数回の注射をする必要はありません。
もっと詳しく: インスリンポンプとは

インスリンポンプ療法の効果とリスク

インスリンポンプでは、超速効型インスリンを24時間を通して微量かつ持続的に注入すること(ベーサル注入)、食事や高血糖に対してまとまった量のインスリンを追加すること(ボーラス注入)、そのいずれもが可能であり血糖値のコントロールと健康維持に役立ちます。しかしインスリンポンプの使用中に、万が一機器や注入セットが機能せず数時間もインスリンが注入できなかった場合は、生命を脅かす合併症が生じる恐れがあります。
もっと詳しく:  インスリンポンプ療法の効果とリスク

CGM-持続グルコース測定とは

持続グルコース測定(CGM-Continuous Glucose Monitoring)とは、お腹などの皮下組織に専用のセンサを装着し、連続的に皮下のグルコース(ブドウ糖)濃度を記録する新しい検査方法です。この機器で測定した値は、血糖値とよく相関することが確認されていますので、実際の血糖値の変動をシミュレーションするものとして利用できます。
もっと詳しく:  CGM-持続グルコース測定とは

CGMの効果

連続した測定値が得られるので、一日を通しての血糖変動傾向を的確に把握することが可能となります。つまり、一回の血糖測定ではわからない、その間の変動や、その後、上がっているのか下がっているのかなどを見ることが出来ます。
また専用のソフトウェアにより、ダウンロードしたデータを読みやすいグラフや表で表示することができ、主治医による解析を容易にしています。
もっと詳しく:  CGMの効果

Q & A

インスリンポンプについてよく聞かれる質問と答えをご紹介します。
もっと詳しく:  Q&A-インスリンポンプ

患者体験談

インスリンポンプ製品を使って治療している患者さんが、治療の前後にどういった体験をされたか、こちらからご覧いただけます。
患者体験談へ

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 6 Oct 2010

Section Navigation

Japan