CGMの効果

効果

適切な血糖コントロールを行うためには、その指標として、自己血糖測定(SMBG:self-monitoring of blood glucose)が不可欠ですが、測定の頻度が限られているため、一日を通しての血糖変動傾向を的確に把握することは困難とされています。CGMでは

・測定が困難な時間帯の大きな血糖変動や、自覚症状のない低血糖状態などを見出すことができます

・SMBGやHbA1cでは把握困難な血糖変動をより的確に把握することが可能で、適切な治療のために活用されることが可能です

注意点

・CGMは間質液のグルコース濃度を記録するもので、血糖値そのものを測定しているものではないため、1日4回以上の血糖値を測定し、モニタに入力する必要があります。

 

DIB_20100906

 

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 6 Oct 2010

Section Navigation

Japan