Q&A -脊髄刺激療法

脊髄刺激療法とはどのようなものですか?

脊髄には痛みをコントロールする関門があるという説に基づいて、脊髄に電気刺激を行います。そうすることで痛みが脳に伝わりにくくなり、痛みがやわらぎます。脊髄に電気刺激を行うために、ペースメーカの応用技術で開発された機器を体内に植込みます。

脊髄刺激療法は自分に合う治療なのですか?

脊髄刺激療法が、ご自分の痛みに合っているかどうかは、医師と相談してみてください。脊髄刺激療法は、ご自分の症状や痛みの種類などにより、効果が大きく異なります。脊髄刺激療法に適応していると医師が診断した場合、背中にリードと呼ばれる導線だけを挿入して、効果を体験してから、機器を植込むかどうかを検討することが可能です。

脊髄刺激療法は新しい治療ですか?

脊髄刺激療法は30年以上前に開発され、これまで世界中で多くの痛みの患者さんが受けてきた治療法です。日本では、1992年から保険適応になっています。

脊髄刺激療法の刺激はどんな感じがしますか?

脊髄に電気を流すと、痛みのある部分に重なるようにして、トントンとした心地よい刺激感が起こります。この刺激感は「マッサージのような感じ」などと表現されることがあり、この刺激感により痛みがやわらぎます。

脊髄刺激療法でこの痛みが完全に消えますか?

通常、脊髄刺激療法は、心地よい刺激感が重なることで痛みがやわらぐので、痛みがまったく消えてなくなるわけではありません。

脊髄刺激療法が他の痛みの元を取り除きますか?

脊髄刺激療法では、頭痛、胃痛、骨折などの痛みの元は取り除くことはありません。

植え込まれる機器はどのようなものですか?

脊髄刺激療法では、心臓ペースメーカに似た機器が植込まれます。重さは、機器によって多少異なりますが、Lサイズの卵くらいです。

手術はどのようにして行われますか?

通常、手術は2回行われます。1回目は、トライアルといって局所麻酔で背中に針を刺し、そこからリードと呼ばれる導線を入れていきます。このとき、そして試験的に微弱な電気を流し、1週間ほど効果を患者さまに体験します。トライアルで効果が確認され、患者さんの満足が得られたら、2回目の本植込み手術を行います。全身麻酔でペースメーカのような機器を体内に完全に植込みます。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Japan