CRPS(RSD/ カウザルギー)について

きっかけとなった原因とは不釣合いな激しい痛みが慢性的に続くということがあります。そのような場合は、CRPSかもしれません。手足の外傷や手術時に神経を損傷することなどによりCRPSを発症することがあります。CRPSは、焼けるような耐え難い激しい痛みがあり、通常の治療で難渋することがある疾患です。

定義

CRPSとは、Complex Regional Pan Syndromeの略で、日本語では複合性局所疼痛症候群という病名です。CRPSは、RSD(Reflex Sympathetic Dystrophy: 反射性交感神経性ジストロフィー)及びカウザルギーと呼ばれていた疾患の総称でもあります。他にも肩手症候群やズデック骨萎縮などさまざまな名称で呼ばれることもあります。腕や足、手、脚に症状の出ることの多い慢性的な激しい痛みです。

原因

CRPSは、次のような原因で発症することがあります。こうした原因とは不釣合いな激しい痛みを伴います。また、原因が明らかではないこともあります。

  • 外傷(軽度の場合でも十分起こりうる)
  • 手術
  • 骨折
  • 打撲
  • 脳疾患
  • 原因不明

症状

主な症状は、原因とは不釣合いな激しい灼熱痛です。それ以外にもさまざまな症状が現れることがあります。しかし、これらの症状すべてが現れるわけではありません。

  • 原因から予想される程度を超える激しい痛み
  • 着衣や微風などの触感が痛みとして認識される(アロディニア)
  • 皮膚の変化(色の変化、光沢、乾燥または鱗状など)
  • 浮腫
  • 手や足の機能低下 など

診断

CRPSの診断は、原因に対して不釣合いな痛みという臨床的症状に基づいて行われます。臨床診断の助けとして次の検査が行われることがあります。

  • サーモグラフィ
  • 交感神経ブロック
  • X線検査
  • CATスキャン(コンピューター断層撮影)
  • MRI

出典

  1. 国際RSD/CRPS研究財団: 標準的治療法ガイドライン 第3版. 2003年1月1日

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 14 Feb 2013

Section Navigation

Japan