トライアル

 

脊髄刺激療法は、患者さんによって効果が大きく異なりますので、機器一式を植込む前に、トライアルで脊髄刺激療法の効果を判定します。トライアルを実施するための条件は次のとおりです。

  • 薬物や神経ブロックでも十分な効果が得られず、日常に支障を来たしている。
  • 除圧術などの外科手術が適応でない。
  • 麻薬性の鎮痛薬に対して依存していない。
  • 精神的な疾病を抱えていない

トライアルの流れ

トライアルとは、背中にリードを一時的に挿入し、微弱な電気を流してみて一週間ほど治療を体験することです。トライアル中に、刺激をどのように感じるのか、痛みがやわらぐか、また目標とする活動が可能になるかどうかを判断します。通常は痛みが半減して、治療効果が確認できれば、トライアルは成功とされます。

 

トライアルでは、

  • リードを背中に挿入します。
  • 手術中に微弱な電気を流してみて、効果を確認します。
  • 手術後一週間程度、試験刺激期間を設けて、リードを挿入した状態で生活を行います。
  • 試験刺激期間は、患者さんがご自身で刺激の入切・強弱を調節してみて、自分の痛みに合っているかをじっくり検討します。
  • 試験刺激期間は、脊髄刺激療法があることでどのような活動レベルの向上が見られたかを確認します。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Japan