冠動脈バイパス手術とは

 

冠動脈バイパス手術とは、閉塞している冠動脈の先に別の血管をつなぎ(吻合)、血液がその道(バイパス)を通るようにする外科的手術法です。バイパスから より多くの血流が確保されることにより、心筋の血流不足(酸素不足)による狭心症が改善され、さらには心筋梗塞を予防することができます。

このバイパス手術には、人工心肺装置を用いて心臓を止めて行う心停止下手術のほかに、人工心肺装置を使用せず心臓が動いたまま行う心拍動下冠動脈バイバス手術の方法があります。

心臓を止めて行う前者の方法は、歴史も長く世界的にも広く普及していますが、人工心肺装置の使用に伴うリスク(脳梗塞や出血の危険)は避けられません。

一方、後者の心拍動下バイバス手術は、人工心肺を使用しないことからオフポンプ法、又はOPCAB(オプキャブ)手術とも呼ばれており、90年代後半 から急速に普及し始めました。この方法では心臓が動いたまま(拍動下)の状態で微細な血管を吻合するため、外科医には高度な技術が求められますが、人工心 肺の使用に伴うリスクを回避することができるという利点があり、現在、国内のバイパス手術の60%以上がこの方法で行なわれています。 では実際にどうやって心臓が動いたままで手術をするのでしょうか。

OPCAB手術はどのように行われるのですか?

まずバイパスに使われる健康な血管(動脈か静脈)を胸部や足などから採取します。この血管はグラフトと呼ばれ、閉塞した冠動脈病変部分の上部、または下部に吻合します。グラフトが吻合されると血流が直ちに確保され、心筋に十分な酸素を供給できるようになります。

2タイプのバイパス吻合方法

拡大 - 2タイプのバイパス吻合方法

この時、約1~3mmの冠動脈に髪の毛よりも細い縫合糸を用いてグラフトを吻合しますので、心臓が動いたままでは非常に難しい作業になります。そこで、 吻合部位をできるだけ固定させる「スタビライザー」、心臓を持ち上げて吻合部位を見やすくする「ハートポジショナー」と呼ばれる器具が開発されました。そ の後改良された器具(下記図)が日本でも普及し、OPCAB手術が盛んに行なわれるきっかけになりました。

 

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 19 Apr 2016

Section Navigation

Japan