経皮的冠動脈形成術とは?

 

この治療法は、「PTCA」や「PCI」などとも呼ばれており、それぞれPercutaneous Transluminal Coronary AngioplastyあるいはPercutaneous Coronary Interventionの略語です。近年では「PCI」という言葉が広く使われています。

PCIは、外科的に胸を開いて手術を行うことなく、カテーテルを用いて内科的に治療を行う方法です。

治療の対象となるのは、薬物治療では十分な症状の改善が得られない狭心症や、不安定狭心症や心筋梗塞などの早急な治療を必要とする患者さんです。しかし、これらの全ての患者さんに対して行える治療法ではありません。狭窄のある場所や狭窄の状態等によりPCIを行う事ができない場合もあります。そのような場合には、冠動脈バイパス手術が必要になる確率が高くなります。

バルーン形成術

先端にバルーン(風船)が付いたカテーテルを、先に挿入してあるガイドワイヤー伝いに冠動脈狭窄部まで導き、バルーンを冠動脈狭窄部に到達させた後、加圧器を使ってバルーンを拡張して血管を押し広げます。

バルーンを一旦冠動脈狭窄部から引き戻し冠動脈造影を行い拡張の程度を確認します。この時点で十分な拡張がされていれば治療は終了しますが、十分な拡張がされていない場合は、ステント留置術へ移行する場合もあります。慢性期には再狭窄や再閉塞を生じる場合がありますが、その発生率は狭窄部の形態や部位によって異なります。

ステント留置術

バルーン形成術に加えて最近広く用いられている治療器具に、金属を網目状に加工したステントがあります。使用されている金属には、ステンレスやコバルト合金など数種類がありますので、金属アレルギーの患者さんは必ず医師に相談した上で、その安全性を確認してください。

ステント留置術


ステント留置はバルーン形成術と同様の方法で行われます。バルーンカテーテルの上に設置されているステントは、バルーンを拡張することで同時に拡張され、バルーンを冠動脈から引き戻した後もステントは冠動脈狭窄部に拡張した状態で残ります。

ステントは、バルーン形成術と異なり機械的に血管の拡張を保たせるため、バルーン形成術と比較して慢性期における再狭窄や再閉塞の発生率は低いと言われています。しかし、バルーン形成術同様に狭窄部の形態や部位によってその率は異なります。

薬剤溶出ステント

PCI治療の分野では、近年ステントに細胞増殖抑制剤などの細胞の増殖を抑制する働きのある薬剤をコーティングした、薬剤溶出ステント(DES:Drug-Eluting Stent)が開発されています。

 

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Feb 2012

Section Navigation

Japan