バルーン形成術・ステント留置術後の日常生活

 

バルーン形成術やステント留置術の治療を受けることによって冠動脈の血流が改善され、患者さんの日常生活も改善します。

しかしながら、冠動脈血流の改善が得られても、動脈硬化や冠動脈の病変が完全に取り除かれる訳ではありません。

従って、治療を受けた患者さんが長く健康な日常生活を維持するには、循環器にとって健康的な生活を習慣づけることが大切です。こうした健康的な生活習慣により、冠動脈病変の進行を予防したり遅らせたりする効果が期待できます。

以下はすぐに始められる健康的な生活の例です。

  • 適正体重を維持する:カロリー摂取量を管理し、運動を取り入れましょう
  • 禁煙する:ニコチンは血管を収縮させ心臓の負荷を高め、一酸化炭素は血中の酸素を低下させ、血管壁にも傷害を与えます
  • 血圧を管理する:定期的に血圧を測定し、医師から勧められている場合には内服治療を継続します
  • コレステロール値を管理する:高コレステロール食品の摂取を避け、定期的に血液検査を受けて管理を行いましょう
  • 糖尿病管理を維持する:糖尿病がある場合には、血糖値を十分に管理するよう努めましょう
  • 運動する:適度な運動はあなたの健康維持の助けになります
  • 健康的な食生活を維持する
  • ストレス軽減に努める

 

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Japan