バルーン形成術・ステント留置術後


バルーン形成術やステント留置術は侵襲の少ない治療法であり、術後は比較的早期に日常生活や仕事に復帰することができます。

通常、術後は短期の入院で経過観察を受け、特に問題がなければ退院になります。術後の服薬や生活、就労については、主治医とよく相談し、その指示に従って下さい。

特に服薬については、主治医の処方を厳格に遵守して下さい。たとえ体調がよくても自分の判断で勝手に中止したりしてはいけません。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Japan