冠動脈疾患について

冠動脈の狭窄や閉塞は、狭心症発作や心筋梗塞を招きます。性別を問わず、冠動脈疾患は代表的な死亡原因となっています。

冠動脈疾患とは

冠動脈疾患とは、心筋の酸素不足により胸痛発作が起こる病気です。動脈硬化症が原因で血管の内側が狭窄して心筋への血液の供給が減少したり、血流が途絶えることによって、心筋が必要とする酸素需要量と動脈血からの酸素供給量のバランスが崩れ虚血状態となり、心筋は酸素不足となります。

冠動脈疾患は、虚血性心疾患とも呼ばれ、「狭心症」と「心筋梗塞」の2つの病態があります。

成因

冠動脈疾患は、粥状(じゅくじょう)動脈硬化(アテローム硬化とも呼ぶ)による血管内腔の狭窄、または血管が攣縮(れんしゅく)することによる冠状動脈の血行障害による虚血状態が原因となります。

粥状動脈硬化とは、血液中の過剰なコレステロールなどの脂質が動脈壁に隆起(プラーク)を引き起こしドロドロの粥状物質がたまってアテロームプラーク(粥状硬化斑)を形成し、次第に血管内腔が狭窄していきます。

血管の攣縮(れんしゅく)とは、血管内腔に狭窄は生じていないが、血管壁の機能的変化すなわち血管の収縮によって一時的に狭窄が生じることを言います。

症状

狭心症に伴う自覚症状は、以下のような症状が典型的に現れます。

絞扼感: 胸を締め付けられるような感じ
圧迫感: 胸を押し付けられるような感じ
不快感: 胸が重い感じ
違和感: 胸がもやもやする感じ
胸骨裏面の違和感: 胸焼けする感じ

これらの症状は、左胸部や胸部中心部に最も多く出現します。

また、しばしば症状の放散を伴う、頚部、下顎部、左肩、左上肢内側、右前胸部、心窩部、背部などに「しびれる」「だるい」などの症状が出現する場合もあります。

心筋梗塞の発症に伴う自覚症状は、一般的に狭心症よりも強い症状が出ます。また狭心症の発作よりも強度で、持続時間が長く30分以上続きます。

  • 胸部に激しい痛みを感じる
  • 胸部が焼けるような感じ
  • 押しつぶされる感じ
  • 引き裂かれるような感じ
  • 窒息するような感じ
  • 胸部苦悶・悪心・嘔吐、発汗、顔面蒼白、虚脱感
  • 呼吸困難、失神、血尿
  • 死に対する恐怖感

このような症状を自覚された場合には、直ちに医師にご相談下さい。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Japan