冠動脈バイパス術のサポート体制

 

冠動脈バイパス手術は、始まりから完了までの間、さまざまな医療従事者が参画します。検査結果にもとづいて、循環器専門医がどの治療法が もっとも適しているかを勧めてくれるでしょう。そして、手術を受けることになれば、心臓外科医、臨床工学技士、放射線科医、麻酔科医、看護師などの専門家も関わることになります。

循環器内科医

循環器内科医は心臓や血管治療の専門家です。専門家として患者さんの心臓疾患の原因を特定するためにさまざまな検査を行ないます。もしその心臓疾患 が冠動脈に関わるものであれば、まず生活習慣を見直すこと、そして必要と判断された治療法、薬物治療や内科的治療を勧めるでしょう。しかし薬やバルーン、ステントによる内科的治療は適切でないと判断された場合、循環器内科医は心臓外科医に外科手術を依頼することがあります。

心臓外科医

心臓外科医は心臓疾患の外科治療の訓練を特別に受けた医師です。外科医は長年の訓練によって心臓や血管の手術法、その必要な技術を習得しています。

臨床工学技士

心臓の手術では、心臓を止めて行なう場合があります。臨床工学技士は人工心肺装置の専門家であり、手術のために一時的に拍動を止めている間、人工心肺を操作して全身の血液循環を維持します。手術が終了すると、外科医と協力して速やかに心臓が動き出すようにします。

麻酔科医

麻酔科医は麻酔についての専門家です。患者さんの痛みや手術が安全に行なえるようコントロールしています。彼らは術前、術中、術後と手術のあらゆる場面で携わっています。

放射線科医

放射線科医は循環器内科医や心臓外科医と協力して、冠動脈造影などの検査を行い、治療をサポートしています。

手術室看護師

手術室看護師は外科手術チームにとって大変重要な役割を果たしています。手術中はもちろん手術の準備から患者さんが手術室を出るまでの間、すべての段階で責任をもって治療に関わります。また手術中は外科医をサポートしています。

栄養士

資格をもった栄養士は、手術前から回復期において必要な栄養や食事についてアドバイスをしてくれます。また、より早い回復に必要な栄養について、術後のケアを行う看護師にも情報を提供しています。

理学療法士

理学療法士は手術後の回復をサポートするため、主治医とともにリハビリテーションに関わり、あなたに適したリハビリ運動の指導や、体力の回復についてのアドバイスをしてくれます。

 

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Japan