ステント留置術を受けるには

 

ステント留置術は冠動脈疾患の治療法として普及しており、毎年世界中で200万人以上の患者さんがこの治療を受けています。

ステント留置術の適否は以下を検討して判断されます。

  • 全身の健康状態
  • 病変冠動脈枝の太さと数
  • 病変がステントを運び留置できる解剖学的位置にあるかどうか
  • 最近の冠動脈疾患の既往

一定条件下においても、心機能が弱っていたり、糖尿病やその他の合併症がある場合など、冠動脈バイパス手術が最適とされる場合もありますので、主治医とよくご相談下さい。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Japan