ステント留置術の流れ

 

ステント留置術は、特殊な設備を整えたカテーテル治療室で、カテーテル治療専門の循環器内科医によって行われます。

冠動脈内に留置されたステントの様子

拡大 - 冠動脈内に留置されたステントの様子

術前

治療に際しては、鼠頸部、手首、腕などからカテーテル挿入に適した部位が選択され、その部位の剃毛、消毒、局所麻酔が行われます。

本治療に先立ち、別途服用している薬もしくは下記に該当する場合は、医師に申告して下さい。

  • アスピリン禁忌
  • アレルギーがある
  • 止血不良の既往
  • 妊娠中または妊娠している可能性がある、または授乳中である
  • 近日に他の手術または歯科処置を受ける予定がある

術中

ステントは、経皮的冠動脈形成術と同様にカテーテルを用いて動脈に挿入されます。

狭窄を生じた冠動脈内部の様子

拡大 - 狭窄を生じた冠動脈内部の様子

はじめに造影を行って、冠動脈狭窄病変の部位と状態を確認し、ステント留置の必要な部位が特定されます。

  1. ステントを冠動脈病変部まで運ぶシステムを確立するため、はじめにX線透視下に細いワイヤを挿入し、狭窄部位を通過させます。
  2. 細いワイヤに沿わせて、小さく折りたたまれたバルーンが挿入され、狭窄病変部に到達したら、バルーンを膨らませ、狭窄した冠動脈を押し広げます。
  3. 次いで、先に挿入したバルーンを、ステントを装着したもう一つのバルーンと入れ替えます。ステントが狭窄病変部まで到達したら、バルーンを開いてステントを血管内に留置します。
  4. ステントが十分に膨らんだ後、バルーンは再度折りたたまれ、造影を行って病変部の血流改善状態が確認されます。
  5. ステント留置が適切に完了したことが確認された後、バルーンカテーテル、細いワイヤ、ガイドカテーテルが取り除かれます。

術後

術後は経過観察のため短期間の入院となります。術後の服薬については主治医の指示を厳守して下さい。

 

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 19 Apr 2016

Section Navigation

Japan