頚椎椎間板ヘルニアの治療

頚椎椎間板ヘルニアにおける治療法や、手術療法について説明します。

保存療法

保存療法の基本は、頚椎に負担をかけないことです。頚椎椎間板ヘルニアは薬物療法や温熱療法、神経ブロック、頚椎カラーの装用などの保存療法が実施されることにより、脱出した髄核の大半は吸収されます。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Additional information

Take Charge

了解更多

外部リンク

Japan