徐脈性不整脈の治療


監修:埼玉医科大学 循環器内科 教授 松本万夫先生 )

徐脈性不整脈(以下、徐脈)の標準的な治療方法は、ペースメーカを植込む治療です。植込み型の小さな医療機器によって、遅い脈拍を正常に戻すことができます。

ペースメーカによる治療

徐脈の治療では、ペースメーカの適応が考慮されます。ペースメーカは、植込み型の小さな医療機器で、通常、左または右の鎖骨下の皮下に植え込まれます。
ペースメーカは、金属製のケースに電池と電気回路が内蔵されたもので、心臓の動きを継続的にモニターし、遅い脈拍を検出した場合は、ごく弱い電気刺激を送り、正常な脈拍に戻します。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 19 Apr 2016

Section Navigation

Japan