「今が一番いい時かな」

-井上さん

井上さん

 

あの日のことは忘れません。何をしても動悸が激しかったのに、手術の直後からすうっと、自然に自分で歩くことができたんです。手術室に入った時は車いすだったのに、帰りは自分で歩きました。途中でドクターに止められましたが。

生活は180度変わりました。人生が変わったといってもいい。自分の好きなように、自分のペースで歩くことができる。風呂に入れることもうれしかった。それまでは動悸が速くなって湯船につかることができなかったんです。最近はバイクに乗って街を走ったり、友人や孫と釣りに行ったり。今が一番いいときなのだと思います。

工場勤めが長かったのですが、医者にかかったことはほとんどなかったんです。それが58歳の時に心筋梗塞。心臓バイパス手術を受けたのですが、それ以降も胸を圧迫される苦しさが続き、入退院を繰り返しました。そのうちに不整脈が出て。

私の場合、両方の心室を刺激するペースメーカが必要でした。外国にはそういう機器があるらしいと知ったのですが、日本にはなかなか来なかった。待ちましたよ、本当に。今になってみると待っていた時間は損した気がするんです。人生を楽しむのが遅れたのですからね。

注:治療法はどなたにでも有効というわけではありません。詳しくは主治医とご相談ください。

Last updated: 22 Sep 2010

Section Navigation

Japan